青汁を毎日飲んでいます

私は青汁を毎日飲んでいます。今では日課になっています。まず、朝起きたら、いきなり青汁を一気飲みします。そうです、歯を磨いたり、顔を洗ったり、トイレにいったりする前に、まず青汁を一気飲みします(笑)

私の場合、朝起きた時ってけっこう喉と言うか、口の中が乾いてパサパサになっていることが多いので、けっこう起きた時の青汁は美味しく感じるんです。青汁でもいろんな味があるんですよ今は。私が飲んでいるのは抹茶味の青汁です。これが飲みやすくておいしいんですよね。

最初は、いろいろな味の青汁を試したんですが、最終的には抹茶味に落ち着きました。かれこれこの青汁を飲み始めて、もうすぐ1年半くらいになります。旅行に行ったときにも粉末のものを持参していきます。まだまだこの青汁健康生活を続けていきたいと思っています。

お金を借りるよりも働いて・・・

生活費が足りない、ギャンブルでお金が必要、などなどで消費者金融からお金を借りるという選択肢をなくしちゃいましょう。お金は稼げます。やる気になればなんだってできます。僕はお金をたくさん稼ぎたいので起業しました。お陰様で事業は成功を続けています。ですのでお金を借りる必要がまったくありません。これからもたくさん稼いで、世の中の人々のお役に立つことをたくさんしていきます。あなたもお金を借りることばかり考えないで、お金を稼ぐことを考えましょう。

バレンタインデーについて

もうすぐバレンタインデーだ。1月半ばを過ぎると、どのお店もバレンタインコーナーができる。 最初にチョコレートをあげたのは小学校4年生の時。市販のものより手作りがいいと友達の家で作った。作ったといっても湯煎で溶かし、ハートの型に流しいれただけの簡単なものだったが。相手はクラスの男の子。今思うとお世辞にもかっこいいとは言えない子だったが、足が速くスポーツ万能だった。小学生の頃はスポーツができるとそれだけでもてる。

学校に持っていくのは禁止されていたので家まで持っていった。携帯もない時代。呼び出すには自宅に電話をしなければならない。あれは本当に緊張する。

中学生の時、手作りチョコレートだけではなく手作りのものを一緒にプレゼントするのが流行っていた。料理も裁縫も下手なのに、チョコレートを作りマフラーを編んだ。編み目もそろっていないマフラー。考えただけでもはずかしい。よくあんなものを人にあげられたものだ。手編みのマフラーなんて重い。相手の気持ちなんて考える余裕はなかったのだろう。同級生の男の子にあげた。どう思ったのかは・・・わからない。

それからバブル期になり、手作りではなく高級なチョコレートをあげるようになった。1粒数百円するゴディバのチョコレート。量ではなく質で勝負!高いので多くは買えない。あげたものを1つ食べたが、それほど価値があるチョコレートなのかは疑問だった。 息子もチョコレートをもらう日が来るのかな。ちょっとドキドキする☆